最新のマンション売却情報まとめ

青色申告の書き方

青色申告の書き方 確定申告には青色と白色の2種類があり、青色は複式簿記により取引の状況を記帳して申告します。手間がかかりますが、65万円の控除額があったりと節税対策が高いです。同じ所得でもこちらを選ぶだけで納税額も違います。メリットが大きいのですが、申告出来る所得は不動産と事業、山林だけです。実はマンション売却をした時は譲渡所得になるので使うことが出来ません。つまり、譲渡所得の確定申告は白色になります。
青は不動産所得または、事業や山林所得がある方で、給与所得者のサラリーマンでも賃貸のマンションなどを持っているときは申告が出来ます。

では、賃貸などを持っていて普段は青で申告している人が売った場合ですが、不動産所得は損益計算書の中で賃料収入と固定資産税などの経費を記載して所得を確定します。青の損益計算書は不動産所得ためのものです。

売った場合は、所得とは別に譲渡所得が発生しているので分ける必要があります。また、青で申告している不動産などを売って譲渡損失が出ても他の譲渡益と損益通算は出来ません。賃貸などの不動産は譲渡益が発生した場合のみ所得税・住民税が発生して、譲渡損失が出た時はこれらの税金は課税されません。

マンション売却の処理を白色申告で自分だけで行う

マンション売却の処理を白色申告で自分だけで行う 所有しているマンションを売却した際に、収益が発生することになるので、きちんと税務処理をすることが重要となります。

大きな会社がマンションを売却するケースであれば、経理部などが専門に作業を行うことになりますが、個人が税務処理をする場合には、税理士に相談しながら作業を進めると良いでしょう。

自分自身で調べながら申告をする場合、白色の用紙で申告をすれば、手間をかけずに行うことが出来ます。

もし、余裕がある人は、青色の用紙で申告をチャレンジしてみても良いでしょう。
納税金額がかなり大きくなってしまうような場合には、税務上の申告を税理士にお願いしたほうが、メリットが大きい場合もあります。
きちんと損失や経費などを計上したうえで、利益を適切に評価することが出来るので、納税金額をかなり減らすことが出来ることがあります。
単発的なマンションの売買であれば、白色の用紙で申告をしても十分であり、自分で調べて行うことも出来ます。