最新のマンション売却情報まとめ

税金と節税の方法

税金と節税の方法 マンションを売却するとそれに伴って税金を払う必要が出てきます。マンションを売る時にかかる税金は、売却額が大きければ大きいほど高くなっていきます。売ったときに得られる利益が収入とみなされるため、自分で確定申告を行ったり納税することが必要です。
売った場合には、譲渡所得税、住民税、復興特別税が売った利益にたかかります。ローンが残っていると抵当抹消権にかかる登録免許税、売買契約時のときの収入印紙に対して印紙税の5種類がかかります。ただし、利益が出ない場合にはほとんど税控除できるとされています。
利益がでたけれど手元に残るお金を少しでも多くしたい、というときには節税対策することがおすすめです。
節税対策方法としては課税対象を3000万円まで控除できる制度を利用してみるなどの方法があります。また、一度支払った費用で戻ってくるものもあります。住宅ローン保証料や火災保険です。
このような費用も考慮してマンションを売ることが大切です。

対象になる課税の内容

対象になる課税の内容 日本では一定金額の収入があれば税金が課されることが多くなっていて、個人の資産であるマンションを売却して利益を生じた場合にも課税対象に該当します。注意しなければいけないのは不動産の場合には損失になってしまうケースもあり、その場合には収入が発生してもほとんど税金の対象にはならなくなっています。
マンションを売却して利益が生じることで対象になるのは譲渡所得税と住民税と復興特別税です。譲渡所得税と住民税については給与所得者が給与に対する所得税と同じ意味合いにあり、復興特別税は東日本大震災の復興財源に新設されたもので、これらは確定申告を行って一緒に支払うのが一般的です。
他にもマンションを購入する際にローンを組んでいて、それが返済途中であれば抵当権を抹消するために登録免許税が必用になりますし、一連の契約証書に貼り付ける印紙も印紙税という税金になっています。これらの税額については金額によって課税率が異なっているため、確定申告をする前に事前に調べておくことが大切になるでしょう。