最新のマンション売却情報まとめ

マンション売却後の申告漏れ脱税

マンション売却後の申告漏れ脱税 マンションである不動産を売却した際に、確定申告をする必要があります。マンションが売れた場合にはオーナーとしては高く売れたことで気持ちが舞い上がってしまうかもしれませんが、その後税務署に対して確定申告を行わないと脱税になります。
不動産を売却した場合には譲渡所得が発生します。所得税は10種類に分類されますが、そのうちの一つにマンションなどの不動産を売って得た利益は譲渡所得になり、確定申告をする必要があります。もし仮にこれを怠ると所得を隠したことになり脱税となりますので、後々ペナルティーが課されることになります。つまり、甘く考えてはいけません。マンションを売った際に利益が発生したのであれば確定申告の申告漏れをしないように気を付けましょう。最後に豆知識として知っておきたいのは、不動産を売ると法務局で所有権移転登記の手続きが行われてその手続きの記録は法務局から税務署に伝わりますので、税務署ではしっかりと不動産を売った事実を掴んでいます。ですから確定申告をしなければすぐに分かってしまいますので、くれぐれも申告漏れはしないようにしましょう。

確定申告を税理士に頼む流れ

確定申告を税理士に頼む流れ マンションを売却する場合、譲渡所得という諸経費や取得費などを引いた金額が発生するため、一般の会社勤めの人であったとしても故人で確定申告をすることが必要となります。
確定申告は無料で市役所などで無料の相談を受けてもらう事ができ確定申告書の描き方も指導してくれますが、相談をする暇も自分で書類を作ることもする事が出来ない忙しい人などは税理士に頼む事がお勧めです。売却するマンションの確定申告を税理士にお願いする場合は、まず通帳のコピーや請求書そして領収書など記帳の為の書類と源泉徴収や控除などの書類を送付し納税額をだしてもらい、申告の提出は通常はしてもらえるのですが、自分で持ち込む必要がある場合もあり、また税金の納付がある場合に振り込みをするのか引き落としをするのか確認します。申告後は税務署に提出した確定申告書と資料の返却をしてもらい、その際に支払わなければいけない報酬が発生するので支払いをして一連の流れは終了です。