最新のマンション売却情報まとめ

マンション売却と徴税

マンション売却と徴税 マンションを売却した時には徴税されます。
契約書や領収書に貼る収入印紙を購入することで税金を納めるのが、印紙税です。
マンションを購入した時にローンを組んだ場合には、土地や建物が抵当に入っているため、売る時には抵当を外すことになります。
残っているローンがある場合にはローンを完済して、抵当権抹消登記の手続きをする必要があるので、登記や登録を行うときかかる登録免許税が課税されます。
抵当権抹消登記の場合には、土地と建物を合わせて2,000円です。
買った時よりも高く売るすることができ、譲渡所得を得た場合には、利益に対して税金がかかることになります。
売却のタイミングが購入後5年以下の場合には、所得税30%と住民税9%、5年以上の場合には所得税15%と住民税5%となります。
自宅を手放す場合には、3,000万円の特別控除や10年以上所有していた場合の軽減税率の特例、買い替え特例があることもあわせて覚えておきましょう。

相続したマンションも課税対象に、不要な不動産物件は売却へ

相続したマンションも課税対象に、不要な不動産物件は売却へ 遺産相続で親や親せきの方から、マンションを譲り受けた後は早めに今後、その物件をどう扱うか決断しましょう。
マンションは課税対象となり、相続税の他に今後は持ち家と同等の税金が課せられます。
そのため、相続したものの特に利用価値が見いだせなかった不動産物件については、早めに売却しなければなりません。
専門の不動産業者に相談すれば、相談に快く応じてくれます。
立地条件の良い建物であれば想像以上に良い値段になります。
駅から徒歩数分の場所、便利な商業施設が近くにあるマンション、内装や設備が現代的でほとんどリノベーション工事が不要な物件などは、特に高値で売却可能です。
マンションの査定結果は、不動産会社によって変わります。
良い条件で所有する物件を処分したい方は、複数の専門業者に相談したいところです。
ネットから気軽に相談ができますし、大まかな査定結果だけならEメールで相談、受け取れるので多忙な方もスマートフォンを使えば複数の専門業者から、簡単に額を教えてもらえます。